リスティング広告運用を代理店へアウトソースするメリット

リスティング広告運用を代理店へアウトソースするメリット

リスティング広告運用を代理店へアウトソースするメリットは、自社で広告部隊を持つことを極力減らせるテントスピード感が挙げられます。
専業で行っているためノウハウがあるのはもちろんのこと、効率的に作業できるので工数という点でも自分の会社と比較すると段違いです。
内容によってはリスティング広告の運用も含めてお任せできるため、別の業務(商品開発などコア事業)に注力することもできるでしょう。
一方で業者を入念に選定することは重要で、広告代理店には二次受け三次受けなどが多く存在するからです。
その都度中間マージンが発生するので、必ず費用対効果については定例で確認することが必要になります。
効果が低かった場合別の代理店に切り替えることも重要で、あくまでどれくらい効果があったかという数字面を意識します。
また様々な広告運用商品が入れ代わり立ち代わり開発されているため、これらの情報を収集していくということもポイントです。

リスティング広告の手数料はどのように発生するの?

リスティング広告に広告を掲載するには、基本的に広告費以外に手数料が必要になります。
これは基本的にリスティング広告を使用した分だけ発生する広告費に応じて発生しますが、その中でも大きく分けて2パターン発生の仕方があります。
一つ目は、広告費に応じてあらかじめ設定されているパターンです。
例えば、広告費が50万円以下ならば5万円、50万円以上100万円以下なら8万円請求する、といった形です。
このように請求している会社は基本的に詳しい料金がホームページなどに記載されていることが多いです。
そのため、利用する際は確認しておくことをお勧めします。
二つ目は、広告費の一定の割合を請求するというパターンです。
このような形で請求される場合、世間的な相場は月額料金の20%とされています。
ただ会社によって割合は違いますので、利用したい会社がどの程度の割合を設定しているか、またこの時「手数料は最低5万円請求する」といったルールが決められている場合も多いですので、利用する際はきちんと確認しておきましょう。

リスティング広告に関する情報サイト
リスティング広告の運用方法

このサイトでは、リスティング広告を行う上での運用方法の種類や代理店選びなどの基礎知識を分かりやすく解説しています。効果的にこれらを運用するためには様々な手法を知ることが重要ですが、特にインハウス運用は様々な複雑なポイントがあり非常に難しいと言われることも少なくありません。このサイトではそのやり方を詳細に解説しているとともに、代理店へアウトソースする場合のメリットなども併せて紹介していることから、様々な比較を行い最適なものを選ぶことができるようになるのがポイントです。

Search