運用方法の種類・代理店選びなどリスティング広告の基礎知識を分かりやすく解説

このサイトでは、リスティング広告を行う上での運用方法の種類や代理店選びなどの基礎知識を分かりやすく解説しています。
効果的にこれらを運用するためには様々な手法を知ることが重要ですが、特にインハウス運用は様々な複雑なポイントがあり非常に難しいと言われることも少なくありません。
このサイトではそのやり方を詳細に解説しているとともに、代理店へアウトソースする場合のメリットなども併せて紹介していることから、様々な比較を行い最適なものを選ぶことができるようになるのがポイントです。

運用方法の種類・代理店選びなどリスティング広告の基礎知識を分かりやすく解説

リスティング広告は現代のインターネットを効果的に利用した商品の販売促進を行う上で、非常に大切な手法となっています。
しかしその運用方法は様々なものがあり、その中から最適なものを選ばないと効果的に利用することができない場合も少なくありません。
一般的に広告宣伝は手間やお金をかければ良いと言うものではなく、その効率が重視されるものですがリスティング広告も同様であるため、企業の販売方針や商品の提供価値の種類によってその手法が分かれる場合も多いものです。
適切に利用するためのマーケティング手法なども含めて、これらの内容を総合的に理解することが大切です。

リスティング広告の運用方法は「インハウス運用」や「アウトソース」がある

リスティング広告の運用方法は「インハウス」と「アウトソース」があり、それぞれ特徴があります。
インハウスはいわゆる自社で行うもので、メリットとしては外部に広告費以外のコストが発生せずノウハウが蓄積されるという点です。
多くの一般消費者に利用される商品を取りある買う会社や、中長期的に広告費を抑えたい場合に向いています。
一方のアウトソースは運用を他社に委託することでコア事業に専念できるというメリットがあり、自社においてどちらが良いかは各社で異なるということは覚えておくと良いでしょう。
リスティング広告の場合、キーワードを入札することで表示順位が高くなる仕組みですが人気のキーワードは高単価で取引されるため、費用対効果が悪いという特徴があります。
アウトソースだとどうしても商品の細かなところまでは把握できないため、キーワード選びが一辺倒になりがちという特徴があります。
インハウスだと、キーワードを深く掘り下げられるという特徴があるのです。

そもそもリスティング広告とはどのようなもの?

リスティング広告とはテキスト型広告とも呼ばれますが、これはインターネットの検索エンジンを用いて何かのキーワードで検索を行った際、その後当該ワードに関連する商品の広告が表示されるものを指します。
この意味で、リスティング広告は名前はあまり聞いたことがなくても、実際に目にして驚いたことがある人は多いはずです。
例は何でも構いませんが、例えばパソコンについて検索したとすると、その後に様々なメーカーのPCの広告が表示されるとか、クルマで検索すると同じように広告が出るなどが挙げられます。
何かプライバシーが漏れているような感じもして驚くと同時にちょっと嫌な気分になってしまうこともあるかもしれませんが、実際にはシステムが自動的に行っていることであって氏名とか住所、電話番号などの個人的な情報まで漏れているわけではありません。
あくまでそのデバイスでどんなワードで最近検索が行われたかだけを拾い、それに基づいて行っているのです。

リスティング広告運用でインハウスを選ぶメリット

リスティング広告の運用方法は、大きくインハウス(自社運用)と代理店へのアウトソーシング(外注)の2種類に分けられます。
どちらも一長一短がありますが、インハウスでの運用を選択する最大のメリットは運用費用が抑えられることです。
自社運用では、社内スタッフへの人件費は必要になるものの、代理店へ支払う手数料がかかりません。
代理店に支払う手数料は、広告費に対する一定割合で設定されているのが一般的なので、広告費が高くなるほどカットできるコストが大きくなります。
また、スピード感ある運用ができるのもインハウスを選択するメリットのひとつです。
広告代理店の運用担当者は、1人で複数のクライアントを抱えているので、何らかの施策を実行したくてもすぐに対応してもらえない可能性があります。
しかし、自社運用であれば社内コミュニケーションのみで施策を実行できるので、スピーディな運用が可能となります。
その他にも、自社商品やサービスに精通した人材に運用を任せられる、自社にリスティング広告の運用に関するノウハウが蓄積されるといったメリットもあります。

リスティング広告のインハウス運用を行うにはスキルが必要

リスティング広告のインハウス運用を行うにはスキルが必要で、具体的には効果的なキーワードを作れるかという点がノウハウとなります。
リスティング広告とはあるキーワードを検索した結果に応じて上位表示される広告のことで、キーワードの利用が高ければ高いほど金額も高くなる入札制が採用されているのです。
つまり競争が激しいものほど金額が吊り上がってくるため単価が上昇し、その分のコストにはね買ってくるということがポイントです。
一方であまり利用されていないキーワードは定額で取引されるため、効率的に集客できますがあまりにも自社の製品とかけ離れたキーワードだとサイトを訪れてもすぐに離脱してしまいます。
コストとのバランスを最大限有効にするのが、広告を運用する人のスキルの見せどころなのです。
ある程度できるようになってくれば改善のPDCAを回していけるため、より効率的に行うことも可能で例えば分業制をしたりワークショップでアイデアを吸い上げたりする方法になります。

リスティング広告に関する情報サイト
リスティング広告の運用方法

このサイトでは、リスティング広告を行う上での運用方法の種類や代理店選びなどの基礎知識を分かりやすく解説しています。効果的にこれらを運用するためには様々な手法を知ることが重要ですが、特にインハウス運用は様々な複雑なポイントがあり非常に難しいと言われることも少なくありません。このサイトではそのやり方を詳細に解説しているとともに、代理店へアウトソースする場合のメリットなども併せて紹介していることから、様々な比較を行い最適なものを選ぶことができるようになるのがポイントです。

Search